研究および診断

JSR-Life-Sciences-pipette-asterism-2020APR03 (3)

研究用および診断用の製品やサービスを提供しています


私たちは、広い範囲でお客様を支援することができます。コンパニオン診断薬(CDx)と体外診断薬(IVD)の両方をサポートし、承認プロセス全体を支援しています。

研究および診断用製品

JSR Magnosphere Icon Blue

Magnosphere

ライフサイエンス研究や体外診断用に使用できる親水性および疎水性の磁性粒子を提供しています。

Learn More
thumbnail_JSR Blockmaster Icon Blue

Blockmaster

100%化学的に合成されたポリマーで構成されたブロッキング剤で、生物学的ブロッキング試薬のような安全性や純度の問題はありません。

Learn More

JSR Immutex Icon Blue

IMMUTEX

均一な大きさのポリスチレンラテックス粒子で、様々なサイズや表面を持つ臨床診断用の凝集試験用粒子です。

Learn More


MBL

MBLは個別化医療の進展や医療の個別化を促進し、迅速で正確な感染症診断などの医療・社会的ニーズに応える診断薬のリーディングカンパニーを目指しています。

Learn More

JSR Tetramer Icon Blue

研究および診断用サービス

Crown Bioscience

Crown Bioscienceは、がん、炎症、心血管、代謝性疾患の研究における今日の最も差し迫った課題を解決するために、バイオ医薬品企業を支援することで、世界中の創薬に貢献しています。

Learn More

crown-logo-on white

JKiC

先端材料・化学製品の開発を推進するJSRグループの研究者は、基礎研究から臨床研究に至る最先端の医学研究を行う慶應義塾大学医学部および慶應義塾大学病院の医学研究者/医師とのコラボレーションを行っています。

Learn More

ftr_logo

CDx パートナーを
日本でお探しですか?

thumbnail_MBL Website Graphics 2021JUN29 V02 D Slide1

 

MBLがご支援できます 

日本のMBLは、ワンストップサービスを提供できます。MBLは、日本での新規体外診断薬の保険収載件数においてナンバーワンであり、広範なKOLネットワークを持っています

LEARN MORE

ウェビナー: 非ヒト霊長類から生成された内胚葉由来のオルガノイドの実用化

内胚葉由来のセンサー細胞の機能を調べるために、Satoら(Nature , 2009)が確立した方法で、マウス、ニワトリ、アジアハツカネズミから腸管オルガノイドを作製しました。また、動物実験からヒトへの応用を図るため、最近では霊長類のオルガノイド培養システムも導入されています。サルの腸からオルガノイドを生成する取り組みについてはこちらをご覧ください。サルの腸、舌、膵臓からオルガノイドを作製する取り組みについてご紹介します。

WATCH NOW

Screenshot 2021-07-19 9.59.23 AM

講演者: 岩槻 健 教授
東京農業大学